桜は、葉桜に山は新緑鮮やかな季節となりました。

 

 

4月は新たな始まりの時ですが、昨年に続いて、新型コロナに世界が翻弄させられている状況は変わりません。ただし希とするワクチン接種が始まりました。何とか新型コロナの蔓延、万一、コロナに罹患してしまっても軽症でこの状況を乗り越えたいですね。

当院では、行政よりワクチン接種に関するお手紙が届いた患者様に任意で、当日安心して接種にのぞめるための体調管理施術を行なっています。各人の体質により使用するツボは違います。免疫系に良好な作用が得られるツボ選択をいたします。

来院された患者様には直接に説明させていただき、既に何人かの方は、この施術を始められています。

この施術に関しては、ツボ選択を当院でさせていただき、ツボの場所を撮影プリントしてお渡しするとともに、確実にツボに「安全にはれるツボ刺激鍼」を貼っていただくために、例えば、膝を曲げた時できるシワの先端から足首の外くるぶしに向かって何cmですと細かくツボの位置を確認していただきます。以前、当blog157でご紹介した「場所が1cmズレるとツボの効用はおちます」で実際にツボの位置指導をさせてもらっていたことが、今回の新型コロナワクチン接種に臨んでの体調管理していただく場合のツボ確認作業の手助けとなりました。

厚生労働省ホームページ、新型コロナワクチンの予診票・説明・情報提供資材の予診票に「今日体に具合悪いところがありますか」、また、「ファイザー社新型コロナワクチンについて」の中にも、体調が悪い場合の接種控えることが書かれています。万一、当日に体調が思わしくなく接種が見合わせとならないためにも、体調維持管理に東洋医学の叡智、鍼灸での「当日安心して接種にのぞめるための体調管理施術」お勧めいたします。

 

 

 

安心安全のワクチン接種のために鍼灸


中浦鍼灸院