HSP。聴き慣れない単語の頭文字です。

「Highly sensitive person」、 敏感すぎる私と訳されるようです。

1990年代アメリカの心理学者エイレン・N・アーロン氏の「些細なことにもすぐに動揺してしまうあなたへ」との考えが提唱されました。

現在、医学的診断基準は確立されていませんが、広く世の中に認知されるようになったようです。

体調に現れる変化は個人毎に程度の差あるようです。

極端な場合、街に溢れる明るい光、強い匂いで体調に異変を感じてしまう。

周囲の変化、場の空気や雰囲気を読み取り敏感に感じとってしまう。相手に自分を合わせようとしてしまう。

そのため気遣いが多くなり気力体力を消耗低下させやすいことが原因のIっだと言われています。他にもHSPと言われる方は、幼児期における生活環境での辛さ、苦しさが大きく関係するそうです。

専門家から判断できる方が全人口の15%に達するそうです。5人に1人がHSPの割合です。

専門家の話をまとめると。

・物事を慎重に深く考え行動する人

・周囲の情報から影響を受けやすい人

・共感性の強い人

・些細なことに気付きやすい人

このような情緒、行動を示す方がHSPに移行しやすいと専門家は警鐘を鳴らしています。

病院でマスクの付け方を注意した医者が殴られたなど、コロナ禍で、みんなピリピリしています。そうでなくとも敏感な方が余計に緊張を強いられる時間はまだ続きそうです。

HSPにも、何か気分がすぐれない(気遣いの連続が原因かもしれません)という方にも体の中を巡る活力(気)を操作できる鍼灸東洋医学が有効に(緊張した筋肉を緩め、血行循環よくする)作用してくれます。

どうぞご利用ください。

先日1/31にサイクリングの途中春の便りを見つけました。

 

 

 


中浦鍼灸院