先日、小学低学年生お持ちのお母さんから、子供の吃音に鍼灸は有効なのかと?お問い合わせありました。

完全に治すことは無理もかもしれませんが、お母さんをはじめ周囲の方から落ち着いて話せてきている、良い方の変化は期待できます、とお返事させて頂きました。

実際、臨床では5~10歳までの男の子、3名を施術させていただいた実績しかありませんが、本人も言葉が出やすくなった、言葉の詰まりが少なくなったと喜んでいただきました。

吃音(どもり)は、周囲の人から、外見的には見えないご本人の不自由です。吃音に関しての医学的知識は国立障害リハビリテーションセンター研究所web参照ください。(こちら)

先日、ラジオで、ライターの近藤雄生(こんどうゆうき)さんのお話がありました。近藤さんも吃音で苦労されたということでした。その苦労話を聞いて私も吃音持ち、どもりなのでその気持ちがよくわかりました。

もし、どもりでお困りの方、治療可能です。経験者の話を交えて、お話しできると緊張も緩まり良いかもしれません。

どうぞ初回はお話しだけでも構いません。ご相談ください。

 

 


 

 

中浦鍼灸院