ゴールデンウィークは、stay home順守でコロナウイルス蔓延を防げました。忍の一時ですね。

当院も5/3〜5/6まで休診していました。ここ大分県佐伯市では感染者0人であった事、三密を避けて行動できると言う事で、5/5のみ、サイクリングで気分転換してきました。

 

 

タイヤ交換しといてよかったです

 

 

 

 

 

 

サイクリング中のスケッチは、以前はなんでもない事です。今、街中では考えられない行動ですね。とても贅沢な時間の使い方かもしれません。(感染予防で、ご自宅にとどまざるを得ない方には申し訳ないです)

当院では、政府の感染対策と大分県知事の要請を常に把握しながら、鍼灸施術をしています。

また、この時期はヘルペスウイルスによる神経痛が増える時ですから注意が必要です。

 

 

 

 

5月、新緑の頃は東洋医学古典の教えには、衣服はゆったりした物を身に着け、心も開放的でなければならないと、書かれています。でも現況はそうは行きませんね。ここまでみんなで耐えてきたんです。コロナの収束に向け、もう少し辛抱が必要ですね。

最後に、ちょっと気になる事が、テレビで盛んに体操番組が放送されています。七十代後半の母親が、一生懸命足をあげたり、ジャンプしたりと、テレビに映る筋肉隆々のインストラクターの動きに合わせて頑張っていました。あれは健康な方向けですね。腰、膝に違和感ある方には無理がありますね。ご自分のできる範囲でやられるといいと思います。


中浦鍼灸院