例年だとクリスマス寒波までは、過ごしやすいのですが、令和元年師走はとても寒いですね。

当院でも治療室の快適温度、加湿器での湿度調整、ヒーターベッド、フリースの毛布で寒さを患者さんに感じさせない努力をしています。インフルエンザには部屋を60%以上の湿度に保つ事と、手洗いは伴に最大の予防法ですね。

最近では加湿器にアロマの香りを楽しめ機能が付いています。当院でも冬は加湿器にアロマオイルを数滴加えて治療室全体を、オリジナルのアロマオイルの香りで患者さんをお迎えしています。香りは、こころをホッコリさせてくれますね。

 

 

当院ではアロマテラピー(香りが癒す心身への働き)も取り入れ治療しています。患者さんの体調に合わせて柑橘系、フローラル系、クリアー系のオイルを用意しています。快適な温度と湿度のホットパックをタオルで巻き体調に合ったオイルを数滴タオルに落とし、仰向けで休んでいる患者さんの首の下に、そーっと敷き込みます。五分くらい経過すると「グー、グー」気持ちの良い寝息が聞こえてきます。治療の効果が伺えます。

 

 

東洋医学鍼灸治療は冷え症、冷えからくる腰痛、胃腸障害にも効果が期待できます。

 

 

寒さ、冷えによる不調(元気が出ない、疲れやすいなど)は、ご本人が気が付きにくく原因がわからずに、どうしてこのような症状が続くのか悩まれてやや神経症気味になられる方もあります。このような方には東洋医学、温もり+アロマ治療がお身体の血行循環の改善にむいています。

女性には忙しくなる師走、ちょっと振り返って御自分のお身体のメンテナンス大切にして下さいね。

中浦鍼灸院