4月14日(日)博多、西新で鍼灸の学習会に参加してきました。

経絡治療学会 会長 岡田先生

 

岡田先生のお話、鍼灸医療は西洋医学、整骨院のように保険診療ではありません。安価ではないです。患者さんから治療費は実費としていただきます。患者さんのご負担は大きいですね。それでも鍼灸技術、東洋医学的学術を学び続けることで鍼灸独自の診断法を臨床に応用しながら患者さん個々の症状を改善できる鍼灸師になれる。そしてそういう治療家のもとには患者さんは来ていただける。ということ。

岡田先生臨床歴50年の言葉には我々治療家への叱咤激励がこもっていました。

勉強会に参加すると学ばせてもらうより、学ぼうとする意欲の増幅になるような気がします。

また、岡田先生は鍼灸を皮膚科領域で様々な疾患に応用活用され治療効果だされています。今回も、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、イボなどに対応した鍼・灸術を学べました。

なかなか蕁麻疹という症状のみでの当院受診はありませんが、腰痛、ひざの痛みなどで来院された方とのお話の中で、そういった皮膚トラブルお持ちの患者さんにはお勧めさせていただこうと思っています。

帰途、博多駅で遭いました。

JR九州ご自慢の ななつぼし

 

 

 

直進してくるであろうと思った ななつ星を撮影準備していると「あれれ・・」。バックしていなくなってしまいました。どうせ、乗れませんけど!

鍼灸治療で心と体を健康に!

中浦鍼灸院