今回は‘‘かぜ”症状を東洋医学で解説してみました。 但し、ウイルス等によるインフルエンザは除きます。

暖冬と予報されていたこの冬、寒さ、空気の乾燥も手伝って風邪の方が多いですね。

当院利用される患者さんも風邪症状ある方多いです、その方たちに風邪の引き込み方など東洋医学での治療法の説明させてもらっているうちにブログでも紹介させていただこうと思い今回は簡潔な絵を用いて説明させていただきます。

 

規則正しい生活は、体内の陽気をしっかり働かせます。陽気とは体を温めたり、外部環境から身体を保護する役目があります。絵の中では陽気の充実度をわかりやすく、大分のシンボルの温泉マークで示し、大きく描いたり小さくしたりで陽気の充実度または、その量を示してみました。

ところが、絵のように日常では規則正しくいかないこともありますね。

不摂生がたたり、本来その人の持つ陽気が減ってきます、すると、今まで寄せ付けなかった外の寒さなど体を害する風寒の邪によって体は傷められます。

東洋医学では体表面には腠理(そうり)という例えると窓のような熱排泄機能があり体温調節のため汗を出したり、寒い時は冷が入り込まないように閉じて体を守る役目をしてくれています。風寒の邪に痛めつけられ陽気がしっかり働かない状況では扉が半開き、もしくは閉じられず、そこから大切な体内の陽気や水分が逃げていってしまいます、それが寒気、鼻水の症状で発現します、風邪の初期症状ですね。

休養など体を休められず、風寒の邪が体内深くに進行してくると陽気の循環を悪くさせ停滞を招きます、例えると道路で渋滞に巻き込まれた状況と同じです、陽気は熱源ですから、停滞したところに熱を波及させてしまい炎症を引き起こさせます、いわゆる、風邪による発熱です、偏桃腺の炎症での高熱もこの状態です。

風寒の邪が体表面へダメージを与え守備免疫作用が正しく機能しているか、体を冷やす邪が体内深く入ってしまっていないかなどを診断するときに東洋医学では絵で紹介しています、脈診、舌診、腹診を用いてその病邪の病態、病位という病を引き起こす邪の勢い、病邪が体内へどの位奥まで進行して来ているのかなどの情報を体表面から得ます。

症状が初期の寒気、鼻水の時は陽気の廻りを回復させるツボを用いて体温を外へ逃さないようへと体調を改善させていきます、漢方薬では桂枝湯の証です、発熱伴う時は陽気を増やしてあげ解熱させるツボを用い体調を回復させていきます、漢方薬では麻黄湯の証ですね。

ここのところ、ここ大分県でも寒さが一段と厳しくなっています、体調の管理、また万一体調壊されて回復が遅れているとき鍼灸治療はお勧めさせていただきます。

健康、体力の維持に鍼灸治療をお役立てください。

中浦鍼灸院