新年おめでとうございます 本年もよろしくお願い申し上げます

昨年末と年初めに、小児鍼を受けに可愛らしいお嬢ちゃんがお二人、お母さん、おばあちゃんに連れられて来院されました。

お盆やお正月の帰省シーズンには子供さんが小児鍼を受けに来られます。

来院されたお二人のお嬢ちゃんは3歳と8ヶ月、3歳になるお姉ちゃんがお母さんを独占したいのだけれど、お母さんは下の妹さんに手を取られて今までのようにはかまってあげられない、その不満が疳虫症状として出てきたので少しでも落ち着いてくれればと小児鍼に来てくれました。

お母さんから日常のお話し、食欲、便の回数などお伺いして、お嬢ちゃん二人の肌を触らせてもらうと、艶、すべすべ感と問題がない、子供さんは甘い物の食べ過ぎや冷たい飲み物による胃腸の刺激が発熱、下痢、目やに、中耳炎、夜泣きなどの症状を引き起こす原因ともなります。

このお母さんは育児を丁寧にされていることが子供さんの皮膚を触らせてもらうことでわかります。

術者からは、「今起こっている疳虫は発育の中で当然起こってくる症状です、時期が来ればちゃんと収まります、丁寧な育児されてますね」と、お伝えしました。

育児にも情報過多で神経質になられているお母さん多い中で、久し振りに良い環境を作り出していられる、お母さんとお子さん達にお会いできて嬉しい年初めとなりました。

最後に小児鍼治療で用いる鍼を添付しました、皮膚を刺激するだけの術具を用います、衛生面もご心配はありません、事前のお電話、当日の施術前に十分説明させていただいた上で安心して施術受けて頂けます。

夜泣き、疳虫でお困りの親御さんには小児鍼を是非お勧めいたします。

中浦鍼灸院