11月10,11日香川県琴平町での真鍋先生の四国古典鍼灸研究会に参加してきました。

なるべく毎月参加するようにしています、今回も好天にも恵まれ内容は精神疾患など密度の濃い勉強することできました。

私の大分県佐伯市の治療院から真鍋先生のご自宅まで船を利用して、四国を横断して行くと片道約8時間かかります、この10,11,12月とJR四国の「トクトク切符」を使うと、新幹線利用した時より約¥15000安く利用できるのはありがたいことです。

乗船、乗車には乗り換えが上手くいくこと必須です、今回も通常運行で助かりました。

通常運行の通常という言葉から、参加させていただく四国古典鍼灸研究会は、他の勉強会、今まで自分の参加してきた鍼灸の勉強会に比べ、先生と向き合って勉強できる時間がとてもながい、充実していることはありがたいことです、日頃自分が臨床で対処するなかでの相談事にも十分な時間をとっていただき、丁寧に解説して頂けます。

例えば、いま私の治療院に来て頂いている神経症の患者さんのことで相談すると、先生は私に、「ねー、中浦君ね、じっくり患者さんのお話を聞いてあげなさいね」。

この一言を真鍋先生より掛けて頂だけると、患者さんお一人お一人に謙虚な気持ちで向き合っていきなさいね、と応援して肩をたたかれているようで、明日からの臨床にまた新たな気持ちで取り組める元気、勇気をもらえます。

治療の技術、治療師としての心構え、相手を思いやる気持ち、目標とする臨床家、真鍋先生にお会いできたことは私にとって幸せなことです。

精神疾患には鍼灸治療特に有効です。

中浦鍼灸院