先日3月21日(水)生涯学習講習会、演題「人生が楽しくなる大人の学び方」が佐伯文化会館で催され参加してきました、国民文化祭、全国障害者芸術文化祭おおいた大会のプレイベントでした。

講師は私の青春時代のアイドル菊池桃子さんです、女優、大学教授、そしてご家庭ではお母さんとしての桃子ちゃんでした。

講演は終始、決して講演慣れされているという感じのものではなく、大学の教室で生徒さん達を前に一人一人に向き合って話しかけてくれている様な優しい話言葉で語られ、内容はご自身の今年49歳になる道のりの中で遭遇した事にどう向き合って、今ここにいるのかを詳しく話していただきました。

私の頭の中に残っているのは、菊池さんがキャリア形成、教育」分野を専門とされて学生さん方に教授されていることから、「キャリア」その言葉の意味を正しく教えていただいたことです。

私はキャリアという言葉の意味を特別な能力資格を有する人に使われるものと考えていました、よく、国家公務員でキャリア組、ノンキャリなどと分別され私の頭の中ではあまり良いイメージの単語としては置かれてはいませんでした。

キャリアその意味は「わだち」だそうです。

菊池さんが言われるには、お一人毎に長い短いはある、人それぞれが歩んで刻んできたわだちを持っているんです、そして、これからもそのわだちを印していく目標に向かってそれぞれの立場で、速さで、それぞれがそれぞれを尊重しながら。

自分を基準に考える私にはよい勉強になるひと時でした。

桃子ちゃんは一生のアイドルです。桃子ちゃんの講演会写真を撮ろうと思っていたら、だめだって。

話しは変わって今回のアイキャッチ画像は鍼灸治療に来ていただく方からいただいた手作りのキューブです、とてもすてき、ありがたいですね!