節分、立春と暦では春の訪れを知らせてくれているのですが、日本全体がシャーベット状態で寒い、とにかく寒いです。

そのせいもあってか当院を来院される患者さんの症状で坐骨神経痛の方が多いのです。腰が痛くなった原因を尋ねてみると「何にもきついことはしてないの、家でおとなしくコタツに入っていただけ」という答えが帰ってきます。

そこに原因があります、コタツで足を延ばした状態や座位が長く続くと腰筋群、梨状筋(りじょうきん)の血行を悪くして筋肉の柔軟性が著しく低下します、同時に坐骨神経のはたらきや伝達力が落ち神経痛を招いてしまうことがあります。

今年の寒さは異常です、暖を取りおとなしく温かくなるのを待つしかありませんね、そこで一つアドバイスです、ご自宅でくつろぐとき同じ姿勢は続けないで、横になったり姿勢をこまめに変えましょう。それでも坐骨神経痛を起こしてしまった場合。

坐骨神経痛軽度の脊柱管狭窄症梨状筋症候群鍼治療は有効です。

当院での鍼灸治療は古典鍼灸治療法を基礎に、患者さんの体質を考慮して速やかな回復を図れるよう施術しています、どうぞお気軽にお問い合わせいただくとともに、ご利用ください。

          鍼灸治療をもっと身近に

中浦鍼灸院