5月13,14日と鍼灸の講習会に参加してきました。

講師は香川県琴平町の真鍋先生です。

鍼灸の源は中国医学です。

日本に伝わり、その医術的内容は全て漢文で記されています。

 

鍼灸師はこの漢文をうまく読めなければなりません。

お経文の般若心経267文字の1文字毎に込められたお釈迦様の教えのごとく、我々鍼灸師も中国から伝へられ日本で新たに発展した、この古典医学を読み解き、解釈して古の医学者の身体の診方、治療の進め方を学びなさい、これが、講師の真鍋先生が示し教え下さったことです。

この学びの積み重ねこそ、頭痛、肩こり、神経過敏と体調不良で困っている方々の最良の治療へとつながっていくんですね。がんばって、勉学します。

 


心身の痛みと不調は当院へ!
はり・きゅう のことなら 中浦鍼灸院